福岡市の最西・最北端にある小呂島(おろのしま)は、公共のフェリーを使うなら博多湾から約1時間の距離にある外洋の離島です。島の男性はほぼ漁師さん、女性は海女さんの漁業の島。

小呂島の海は、東シナ海と玄界灘の両方の性質を合わせ持ち、定点でのマクロはもちろん、外洋特有のダイナミックなドリフトダイブも楽しめます。


3ボートダイブです

小呂島のダイビングは、午前中2ダイブーランチー午後1ダイブのスタイルです。

「福岡・小呂島 日帰り3ダイブ」

08:00博多天神―09:00出港―09:40小呂島3DIVEー16:30帰港―18:30博多天神

「神宿る沖ノ島&小呂島 1泊2日ツアー」

1日目:09:30博多駅・福岡空港―10:30出港―11:00小呂島2DIVEー16:30帰港―17:00糸島宿

2日目:08:30出港ー10:00沖ノ島3DIVEー17:00帰港―19:00ホテルまたは博多駅


ダイブサイトは7カ所

小呂島の現在7カ所のダイブサイトのうち、人気の場所を紹介します。


「ウエストゲート」

West Gate 小呂島 福岡 ダイビング

玄界灘屈指の名物ドリフトポイント

島の西側、潮流がもっとも勢いを増す時間をあえて狙ってドリフトダイブ。めまぐるしく移り変わる景観を楽しむ。

<撮影:越智隆治 United Oceans


「サウスメイズ」

South Maze 小呂島 福岡 ダイビング

日本最大級のアカオビコロニー

真っ白な砂地に待ち受けるアカオビハナダイの巨大群生が見どころ。テトラポットのジャングルの中も見どころいっぱい。

<撮影:進藤知史 ScubadivingAir


「ボウズロック」

Bouz Rock 小呂島 福岡 ダイビング

2つの海の特色が詰まった魅惑の海

東シナ海と玄界灘、2つの海の特色が重なり合う欲張りなポイント。小さなクマノミと巨大すぎるクエの群れは必見。


「大蛇(オロチ)」

Orochi 小呂島 福岡 ダイビング

島で最も魚影の濃いピンポイントダイブ

その昔オロチ島と呼ばれた大蛇伝説の岩穴の沖、東西の潮がぶつかりトグロを巻く時間に合わせて潜水する冒険ポイント。


3ボートダイブです

午前中2ダイブ後、上陸してランチ、午後1ダイブのスタイルです。

2021年の小呂島・料金表です

【日帰り・漁師飯こねくり+フリードリンク付】
ローシーズン27000円(5月/10月)
通常シーズン30000円(6月/7月)
ハイシーズン33000円(8月/9月)


お問い合わせはこちら 2021年の乗船予約はこちら