① 春・世界遺産のシキシマ乱舞

2019年04月~05月・水温15-18℃

春になると婚姻色をまとう、深海の宝石・シキシマハナダイ。沖ノ島の人気ポイント「インペリアル」では、水深25m前後で観察可能。ナイトロックスを駆使してシキシマの乱舞を追います。

4月6日(土)4月7日(日)
4月27日(土)4月28日(日)4月29日(祝)
5月18日(土)5月19日(日)

<船長ディナー>美食の街・福岡白金きっての名店「酒陶築地」を貸し切り。器と料理と酒が合う、上質な空間を楽しみます。(4月29日/5月19日)


② 大型クエと特級ポイント巡り

2019年06月・水温19-21℃

玄界灘の王様クエが繁殖期を迎える初夏。沖ノ島のA級ポイント「屏風岩」、壱岐のS級ポイント「フィッシャーマンズボミー」で繰り広げられるクエたちと魚群の騒乱を撮影します。

6月8日(土)6月9日(日)
6月17日(月)壱岐泊~18日(火)
6月29日(土)6月30日(日)

<船長ディナー>仏三ツ星出身シェフが営む名店「カルトポスタル」を貸し切り。夏野菜や仔羊を九州産ワインで楽しみます。(6月9日/6月30日)


③ 夏の黒潮シーズン魚群絵巻

2019年07月~08月・水温23-26℃

対馬暖流が到来し、空から降ってくるような回遊魚達、ビルのようなイサキの塊、蒼海に映えるキンギョハナダイやタカベの群れなど、様々な魚種が織りなす360度絵巻を堪能します。

7月16日(火)壱岐泊~17日(水)
7月18日(木)
8月6日(火)壱岐泊~7日(水)
8月9日(金)8月10日(土)

<船長ディナー>一見さんは入れない福岡の老舗鮨屋「彦寿司」を貸し切り。玄界灘の海の幸を博多流の食べ方で楽しみます。(7月18日/8月10日)


④ 沖ノ島・ジャンダルムの衝撃

2019年08月・水温26-27℃

目指すは沖ノ島外洋のS級沈み瀬「ジャンダルム」。玄界灘随一の凄まじい魚群と、圧倒的なスケールのソフトコーラル群生。あえて潮流の速い潮周りを攻める、中上級限定ウィークです。

8月16日(金)8月17日(土)8月18日(日)
8月21日(水)8月22日(木)

<船長ディナー>一見さんは入れない福岡の老舗鮨屋「彦寿司」を貸し切り。玄界灘の海の幸を博多流の食べ方で楽しみます。(8月18日)


➄『ゆるカタ』福岡フォトセミナー

2019年8月・水温26-27℃・定員10名

水中写真家・むらいさちさん&中村卓哉さんをお迎えして世界遺産沖ノ島へ。おふたりの作風 "ゆるさ"と"カタさ"の両方を学んで潜れる、定員10名/3日間通しのフォトセミナーです。

8月23日(金)~25日(日)

<船長ディナー>人気の博多水炊き店「とり田」離れを貸し切り。ゆるカタ2種類のシメのラーメン、あなたはどっち?!(8月25日)


⑥ 秋のクロマグロトルネードを追う

2019年09月・水温25℃

初秋の玄界灘に押し寄せてくるクロマグロの大群。2018年ついに撮影に成功したクロマグロトルネードと、同じポイント、同じ潮回り、同じ潮時間を狙う、毎日が勝負の五日間です。

9月14日(土)壱岐泊~15日(日)
9月16日(祝)9月17日(火)9月18日(水)

<船長ディナー>福岡人も知らない穴場の貝焼き店「ぢゅげむ」を貸し切り。玄界灘魚貝の美味しさを徹底的に探求します。(9月18日)


⑦ 秋の三連休・玄界灘2泊3日の旅

2019年10月・水温22-24℃

世界遺産沖ノ島・壱岐&二神島・小呂島、玄界灘の3大ダイビングエリアを巡るフルコースツアー。壱岐牛あり小呂漁師メシあり博多の美酒と美食あり。8名限定のスペシャル企画です。

10月12日(土)壱岐二泊-14日(祝)

<船長ディナー>壱岐の名店「乃もと寿司」を貸し切り。壱岐ウニ、壱岐牛、壱岐マグロ。絶品の地酒と麦焼酎で楽しみます。(10月12日)


乗船予約・お問い合わせはこちら